フィンジアに配合されている成分の効果

フィンジア 成分

ミノキシジル誘導体だけではないフィンジアの育毛成分

フィンジアの成分

フィンジアには全部で25種類もの成分が配合されていますが、
その中で育毛成分は14種類あります。

 

その育毛成分とは

 

1.アカツメクサ花エキス
2.アセチルテトラププチド-3
3.ピディオキシジル
4.トウガラシ果実エキス
5.センブリエキス
6.ビワ葉エキス
7.褐藻エキス
8.グリチルリチン酸2k
9.パンテノール
10.ボタンエキス
11.フユボダイジュ花エキス
12.ヒキオコシ葉/茎エキス
13.ヒオウギエキス
14.キハダ樹皮エキス

 

どの成分もそれなりに髪の成長には欠かせないのですが、
この中ですでによく知られているのが、「アカツメクサ花エキス」と「.アセチルテトラププチド-3」
の混合物であるキャピキシルです。

 

この成分が注目されて多くの育毛剤に使用されているのですが、
もうひとつ配合されている成分がピディオキシジルです。

 

ピディオキシジルはあのミノキシジルと化学式がほぼ同じで、
効果はそのままで副作用だけを取り除いて開発された発毛成分です。

 

最近発売されている育毛剤にはキャピキシルとピディオキシジル
の2大成分が配合されている商品もありますが、
最も高濃度に配合されているのがフィンジアです。

 

他の商品と比較すると

 

ボストンスカルプエッセンス
キャピキシル5%
ピディオキシジル1.5%

 

フィンジア
キャピキシル5%
ピディオキシジル2.0%

 

フィンジアはピディオキシジルが2.0%と高濃度なうえに、
これに加えて「トウガラシ果実エキス」から抽出したカプサイシンを配合しています。

 

発毛成分が高濃度に配合されているだけでは意味が無いとばかりに
カプサイシンを配合して浸透し易くさせているんですね。

 

これだけではありません!

 

これはフィンジアのHPで大々的に謳っているのでご存知だとは思いますが、
注目してほしいのが「ヒオウギエキス」です。


ヒオウギエキスは男性ホルモンによる脱毛を抑制

ヒオウギエキスはこれまでの育毛剤でよく使用されてきた成分で、
「薬用プランテル」や「ブブカ」にも配合されていますね。

 

この成分は男性ホルモンによる脱毛を抑制してくれるのです。

 

フィンジアには「キャピキシル」「ピディオキシジル」「カプサイシン」といった
三大成分に加えてヒオウギエキスが含まれているのです。

 

発毛だけでなく脱毛を抑えるとは正に“鬼に金棒”ですよね。