フィンジアに副作用は無いの?

フィンジア 副作用

フィンジアに副作用はありません!

副作用

とかく育毛剤の成分で様々な副作用が報告されていますが、フィンジアにおいては副作用の報告は無いのでしょうか?

 

フィンジアの主成分は「キャピキシル」と「ピディオキシジル」ですが、これはミノキシジル誘導体と呼ばれています。

 

ミノキシジルといえばあの「リアップ」が主成分として知られていますね。

 

薬局に行けば誰でも購入することが出来る育毛剤です。

 

そのミノキシジルは副作用があることで知られていますが、中には危険性を訴えるような表現もあり、使うほうから見れば躊躇してしまいますよね。

 

実は私が以前個人輸入で購入して使用していた「ロゲイン」は5%のミノキシジルを使用している発毛剤でした。

 

使用当初は1カ月で明らかに発毛が見られて、それまで使用していた育毛剤との差に驚きましたが、発毛が見られたのは最初の一カ月だけで、その後半年ほどは小康状態でした。

 

そして副作用と思われる症状が出だしたのです。
その症状というのが「目眩」「不整脈」です。

 

噂には聞いていましたが、目眩や不整脈となるとちょっと怖いです。
気になって調べてみると他にも色々な副作用があるようで・・・

 

発毛効果があれば副作用があっても続けていましたが、
効果も無くなり副作用だけは収まらないので使用を止めてしまいました。

 

そもそもミノキシジルは発毛剤として開発されたものではなく、
発毛現象自体が“副作用”なのです。

 

というのは、ミノキシジルは当初、高血圧の患者に対する血圧下降剤として
開発された成分だったが、ミノキシジルを使用した患者の多くに発毛したという報告があったからです。

 

そこでミノキシジルを詳しく調べてみたところ、ミノキシジルに血管を拡張して
血流が良くなる働きがある為に、これが血流を良くして発毛に繋がったことが分かったのです。

 

つまりミノキシジルの血管を拡張するという働きが様々な副作用を発生させているんです。
やはり無理やり血管を拡張させるとどこかにしわ寄せが来るんでしょうね。

 

フィンジアが採用している「キャピキシル」「ピディオキシジル」をミノキシジル誘導体と呼ばれる名称にしたのは、
ミノキシジルのような発毛効果が期待できて、しかもミノキシジルのような目眩や不整脈といった副作用が無いのが特徴なのです。

 

またこれまでの報告にも目眩や不整脈以外の副作用も報告されていないようです。
実際に私がフィンジアを使用し始めて2ヶ月目になりますが、ロゲインのような副作用は全くないですから。

 

したがってフィンジアは安心して使用できる育毛剤です。